このメニューではクレジットカードの国際ブランドについてお届けしています。

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド


どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
日本国内で買い物などをする時にクレジットカード支払いが出来ますが、まだまだ全てで利用出来るワケではありません。
しかし買い物だけではなく公共料金や家賃などクレジットカードが可能なこともあるのでとっても便利なのです。 1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてそれらクレジットカード全てが国際ブランドと提携して発行されてきているのです。様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本のみならず世界中で利用できるために、国際ブランドと呼ばれるようになりました。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
今では5大ブランドとして、世界的に広まっています。



どこの国に行っても利用可能な国際ブランドブログ:2019-8-13

減量しようと考える方は少なくないようですが、
同時に減量に挫折してしまう人も多いようです。

減量しようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

減量というのは、
食事制限があったり、トレーニングをしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だから減量は、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激な減量をしなくてはならなくなります。
極端に食事制限してしまうとか、過激なトレーニングをするとか…

かく言うわたくしも一度、
減量で失敗してしまった経験があります。
わたくしの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

また減量にはトレーニングだ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段からトレーニングをやっている人なら
それほどきつい減量メニューではないかもしれません。

ところがわたくしは、
今までトレーニングをほとんどやったことがありませんでした。

からだにかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくり減量するようにしました。
そのときのわたくしは、ちょっと無理をしていたようです。

わたくしのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

★メニュー

キャッシングは提携ATMでいつでも簡単
お得なポイントを貯める為に便利なクレジットカード
海外旅行行くならアメックスを持っていこう
最も多く利用されているのがリボ払い
様々な海外旅行保険が付帯されているから安心
買い物などの支払いを後払いに出来る便利なカード
クレジットカード支払いの時代に突入
どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
余裕があるなら一括払いを選択
悪質なカード犯罪には要注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)プロから習おう!クレジットカードガイド